NEWS バイク 社会

【悲報】ヤマハ、SR400やドラッグスターなど含む車種を相次いで生産終了発表

びっくりなニュースが飛び込んできてしまった。

9/1、SR400やドラッグスターなど含む車種を相次いで生産終了発表した。

合計9車種が今回発表された車種。(以下)

<生産終了車種>

  • SR400

  • セロー250

  • ドラッグスター400

  • ドラッグスタークラシック400

  • トリッカー

  • マグザム

  • VOX デラックス

  • アクシス トリート

  • BW’S

 

特に驚いたのが40年の歴史を持つSR400

ここで歴史に幕を降ろすことになるのだろうか?

一時排ガス規制で生産は止まった時があったが、それでも規制をクリアし改良されて

また販売されていたが今回で歴史が止まってしまうのだろうか・・・?

ヤマハさん、どうするぅっ!?

 

 

 

 

 

現行SR400

ヤマハ発動機株式会社より引用

 

ドラッグスターも男女共に人気のある車種だがまさかのラインナップ入り。

しかも250と400と両方だ。

国産アメリカンの雄が消えてしまうのか!?

ヤマハ発動機株式会社より引用

 

そしてセロー250。残念すぎる!!

ヤマハ発動機株式会社より引用

 

なぜ生産終了となってしまったのか。

答えは9/1成28年排出ガス規制によるものだ。

どんなものなんだろうか?少し調べてみました。

 

<平成28年排出ガス規制とは?>

色々調べたところ、簡単にまとめてくれていたサイトがあったので

引用します!!

■2016年規制:排ガスの環境に悪い成分を現規制の半分ぐらいにしてねって感じの規制。
また、燃料蒸発ガス対策と、二輪車OBDの搭載も義務化。

適用時期
・2016年10月1日以降:新型車は2016年規制に適用させる。現行車種は旧規制のままでOK
・2017年9月1日以降:現行車種も2016年規制に適用させる。させないと生産しちゃダメ。

■ABS義務化:原付(50cc)と競技用車両以外の全てのバイクにはABSをつけないとダメ。原付二種(125ccとか)はABSかCBSでOK。
ABSのオンオフスイッチはつけてもいいよ。

適用時期
・2018年10月1日以降:新型車はABSがついてないと登録不可。
・2021年10月1日以降:現行車種もABSがついてないとダメ。ついてないと登録不可。

個人的バイクまとめブログ様より引用

 

ABSも義務化されるとのこと!!

いずれにせよ環境と安全に対しての規制となるが

今後メーカーとしてはきついものかもしれない。

今後の動向が気になるよ!!

 

以上!!またね〜〜!!

 

 

この記事を読んだ方はこちらも読まれてます↓

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA