コラム ツーリング レビュー

栃木を探訪!ぶらりロードスターの旅

木旅第2弾!

根瓦が6枚消し飛ぶ悪夢のような台風が去ってすっかり秋…
急な冷え込みで体調崩さぬよう御自愛ください。
きたさんです。

今回は、行ったことない栃木北部を開拓してみようと思いました。
クルマ旅での現在の栃木北部はいろは坂までしか行ったことがなく…
スペG始まる前はウェスタン村付近を廃墟探訪したりしましたがもう4年前くらいです。

さておき。今回のルーティングはこちら。

栃木県を縦に走る栃木県民が誇るNeo Route  4 Circuit 国道新4号線をメインに、
こんぶくんと塩那スカイライン途中まで行って折返し南ヶ丘牧場までで1日目終了。

そう、今回も残念ながら2日トライです(笑)
別日に殺生石、鹿の湯に挑んで、今回の栃木旅としてまとめました。


那スカイライン(県道299)

そんなところある?と思うかもしれませんが、
『ホンダ』『インテグラ』『東堂塾』というキーワードでピンとくる方はそうです。
いわゆる聖地巡りでして。

道中休憩ポイント七ツ岩吊橋駐車場で休みましたが、これがなかなか良い景色!

足湯もあって、帰り際に寄れたら疲れが取れたのかなと。

休憩後、しばらく塩原バレーラインを走り、塩原温泉ホテル街を抜けて橋を渡ると、
塩那スカイライン、県道266号線です。
少し動画をお借りしますが本来これくらいキレイな道みたいです。

当日は台風直後でして、落ち葉や小枝やら道にいっぱい。
まして龍王号(ロードスター)で行ったので後輪が滑ります(笑)

思ってたより急勾配、キツい上りコーナーがあり、低いギア使わざるを得ないのに、
あまり速度を稼げないのでATの龍王号は水温がガンガン上がります(笑)
この経験の後に龍王号の冷却強化を決意しました。そこは別記事で。

麓の塩原運動公園からスタートして上のゲート前の路側帯で当日は諦めました。
あまりに枝葉が多すぎました(笑)
遠くに枡形山?前黒山?が見えます。当日のベスト景色。

 


ヶ丘牧場

http://www.minamigaoka.co.jp/

塩那を後にして次に向かったのは牧場。
これは私が強く推して来たのですが大正解。後にウマにハマるキッカケに(笑)

南ヶ丘牧場では淡水魚(マス、チョウザメ)の飼育や、

夏にはマスのつかみ取りなんかもやってるみたいで、
どうぶつとのふれあいに重きをおくファミリー牧場のようです。
入場料も無料。

餌やりや乗馬体験は料金かかりますが、ロバ乗れるって珍しいですよね?

斜面に沿って土地を開いているので眺めも良いです。

珍しいウシの飼育もされているようで随所に工夫があり飽きませんでした。
ほのぼのしていてずっと眺めていたい。

牧場の朝的な夕方。

 


生石

ここからは2日目別日の内容です。
キツネ好き、神社好き、九尾狐の伝説好き、硫黄泉好き!
というそこの貴方!ボクと握手!!(笑)
殺生石にまつわる伝説は割愛しますが、昔は硫黄ガスの毒性とかわかってなくて、
この一帯結構ガスが溜まりやすくてそんな事になったのかなと思います。
さておき。

殺生石だけでなく別の伝説縁の地でもあるのでいくつかの史跡が複合してます。

殺生石までは遊歩道を歩きますが盲蛇石の他にも賽の河原があったりするので厳かな雰囲気が漂います。

遊歩道が傾斜しており、一番上に殺生石の広場があります。
ガスの濃度がすごい。草津より濃いかもしれません。

殺生石の広場を正面に、左手後方に神社へ続く道があります。
見下ろすと遊歩道が一望できますがこれを登ってきてます(笑)
そこそこ傾斜付いてるんですよ(笑)

で、神社。

この日も家を出られるのがお昼だったので駆け足参拝でした(笑)


鹿の湯

さァ!たくさん硫黄の匂いを嗅いだら、
次は濃ゆい硫黄泉にごり湯に浸かろうではありませんか!

平日夕方だというのに人気の温泉だけあって混雑していました。
ガラガラでしょ?くらいで居たので驚きでした。

外観の侘び寂び感も良いですし、何せ泉質最高でした!

 


外:ラーメン

2日目別日にどうしてもお昼食べずには居られなくて、
久々豚骨食べたいと思ったのがここ、陽東豚骨YOTONさん。

スープの豚骨は茶色味がかってますが、エグすぎず、さらりと美味しい。
麺の食感がしっかりしているのでもう少し細くてもいいくらいでしたが、
食べごたえあって好きですね。

本当は1日目にも街のラーメン屋さんみたいなところに寄ったんですが、
お店どこなのか忘れてしまって。
素朴なラーメン久々食べたので良いなと思ったんですが…思い出せたら追記します。


以上、栃木旅第2弾でした。まだまだ魅力たっぷりの隣県ですが、
ちょくちょく開拓できたら良いなと思います。

それではHave a nice Drive!

きた

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA